計算機

左メニューからハウス管理>圃場をクリックし、計算機タブをクリックすると計算機画面が表示されます。
この画面は計測値のデータを利用 した計算行い、その結果をウィジェットとしてダッシュボードに表示することができます。(例えば、温 度センサのデータを利用して、昼の平均温度と夜の平均温度を計算しそれぞれ結果を表示する等)

ダッシュボードの計算機チャートを使用してチャート表示することも可能です。

新規作成

計算機画面の上部で計算機を追加したいハウスを選択します。

計算機画面の右下のアイコンをクリックすると、空の計算機が表示されます。

計算機の右上のアイコンをクリックすると、計算機ダイアログが表示されます。ダイアログには共通タブ、計算タブ、表示タブがあります。(画像はクリックで拡大できます。)

共通タブ
計算タブ
表示タブ

共通タブは、計算機の名称とroom-region-orderを設定します。(roomは最初に選択したハウスのroom番号で固定されています。)

計算タブは、計算開始日と計算タイプと項目を選択します。項目は計算に使用する計測値を選択します。

表示タブは、単位を設定します。

計算機ダイアログの保存ボタンをクリックすると計算機が作成されます。

画面右下のアイコンをクリックすると計算機の右上のアイコンが非表示になり新規作成が完了します。

計算機のタイプ

移動平均

移動平均は、時系列で保存されているN個のデータの合計をNで割る事で求められます。 例として 、24時間平均気温、48時間平均気温、72時間平均気温などの計算に用いられます。

パラメータの意味

24時間平均気温の設定例

時間帯平均

時間帯平均は、ある時間範囲なかのN個のデータの合計をNで割る事で求められます。例として、午前平均気温、午後平均気温、日中平均気温、夜間平均気温、日中平均飽差、夜間平均飽差などの計算に用いられます。

パラメータの意味

午前中平均の設定例

日平均積算

日平均積算は「ある日の平均値」を毎日加算する事で求められます。日平均積算の計算機は、生育限界気温などの閾値を設定する事で、植物の生育ステージ予測(開花時期や収穫可能期間など)の計算に用いる事が可能です。

パラメータの意味

積算気温(有効範囲あり)の設定例

積算エネルギー量

積算エネルギー量は、ある時間範囲のなかのN個のデータを合計して求められます。時間範囲は「全て(総計)」と「1日ごと(1日単位)」が選べます。例として、積算日射、給液量、排液量、雨量などの計算に用いられます。

パラメータの意味

積算日射(日毎)の設定例(周期は秒単位を設定)

積算日射(日毎)の設定例(周期は分単位を設定)

積算時間

積算時間は、ある時間範囲のなかのデータ数×時間単位で求められます。 時間範囲は「全て(総計)」と「1日ごと(1日単位)」が選べます。例として、潅水時間、暖房機動作時間、CO2発生器動作時間などの計算に用いられます。また、積算時間の計算機では、春化に必要な低温などの閾値を設定する事で、植物の生育ステージ予測(春化時期など)の計算に用いる事が可能です。

パラメータの意味

暖房機運転時間の設定例

昼夜平均差(DIF)

昼夜平均差(DIF)は、昼間平均気温-夜間平均気温で求められます。この計算機は、DIFの計算以外に用いられる事は少ないでしょう。

パラメータの意味

日最高値

日最高値では、その日の最高値をピックアップします。この計算機は、最高気温の推移などの確認に用いる事が可能です。

パラメータの意味

日最低値

日最低値では、その日の最低値をピックアップします。この計算機は、 最低気温の推移などの確認に用いる事が可能です。

パラメータの意味